上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 このところ100円ショップで液晶表示の電卓や時計を見るにたびに、「なんとかこいつらを液晶表示パネルにできないかなあ」と思っておりました。しかし、どうせ液晶は専用LSI直結で手が出せないだろう、ということであきらめていました。



 



 そんなおり、100円デジタル温度計のセンサ入力に細工して電圧計にしておられる方のBLOGを拝見して、その手があったか、と感心し早速試してみることにしました。



 



 それがうまくいくなら、理屈ではどんな物理量でも電圧に変換さえすれば液晶表示させることができます。まずやってみたいターゲットはF-V変換を使った周波数メータです。



 



Meter1  ← これが今回買ってきた100円デジタル温度計です。




 



早速中を開けてみました。温度センサのサーミスタ(2本足のリード部品)が見えます。



Meter3 



まずはサーミスタの制御をみようと思い、電池とポータブルオシロを繋ぎました。



Meter4



しかし、サーミスタに電圧が印加されている様子が全然見えません。ずっとグランドレベルのまま。。。。変だな、と思いオシロのトリガを見直して。。。と、ようやくトリガがかかりました。



Meter5 ← ようやくかかったトリガ。



 



しばらくその状態で観測してみて、どういうことかわかりました。トリガがかかるのが20~30秒置き、かつトリガがかかるのと温度表示の更新が同期しています。



 



つまり、この温度計は電力節約のため、20~30秒に1回しかサーミスタをセンスしないのです。。。  



 



 温度計ならその位の更新間隔でも良いと思いますが、メータとして使ってやろうという当方には合わないようです。残念ながらここで断念といたしました。。。



 



以上です。



 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.04.20 Tue l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/85-98ce8542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。