上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 昨日に引き続いて、センサとLCDの取り付けを行いました。



 



 下の写真がリフレクティブセンサ1オクターブ分13個とLCD2枚をはんだ付けしたところです。



Dscn0952




 裏から見た所です。



Dscn0951
 センサはメイン基板の上下に鍵盤状に並んでいます。そのように位置を考慮してパターンを引いてありますので、センサの取り付けは比較的簡単でした。



 ただし、センサ面がLCDに対して斜め上を向くように注意して取り付けています。



 



 LCDは両面テープで基板裏面に貼りつける予定でしたが、13個のセンサでがっちり押さえられているようなのでテープ無しとしました。



 こうしておけば万一の場合も交換しやすいですので。ケースに入れる際にはケースの方に固定するようにします。



  



 確認後に電源を入れてみました。LCDのバックライトがONします。しかし制御ソフトを入れていないのでまだ表示はされません。



Dscn0953  



 



 以前作った表示ソフトを移植してテストパターンを表示しました。



Dscn0954  以前作ったソフトのIOポートアサインを変えるだけでわりと簡単に表示できました。



 さらにLCD2枚対応の機能を追加しましたので、それぞれのLCDに別々の絵が表示できています。
 



 写真をよく見ると、センサがピンク色に光っています。これは赤外線なので肉眼では見えず、デジカメは多少赤外線感受性を持っているので見ることができます。



 



 こうするとセンサの動作も確認できます。(この写真では下の左から2番目のセンサが点いていません。はんだミスでしたのでこのあと付け直しました 。)
  



 ハードはこれで完了です。あとはソフトとケースができれば完成です。(ケースはともかくソフトがまた大変なのですが。。。)



 
 ということで今回は以上です。





 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





    



2010.09.02 Thu l あの楽器 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/6-b0e2ef6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。