上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
すっかりBLOG更新が途絶えておりました。秋から業務関係、住居関係を一新していまして、ようやく少し落ち着いたところです。

昨日は久しぶりにフルで時間が取れましたので、かねてからやってみたいと思ってい「21世紀の真空管」Nutube6P1を
秋月から買ってきて真空管ラジオを作ってみました。

物はこんな感じです。


動作させると2つの真空管部がほのかに輝くのがなかなか良い感じです。

回路図はこうです。


Nutubeのデータシートとネットで見た真空管ラジオ回路図を参考に組んでみたものです、一応動作していますが真空管はいじったことがないため適切ではないかもしれません。あくまでご参考としてください。

Nutubeはアンプ動作の動画がいくつか上がっており、そこで真空管部が光るのを見ていました。てっきり昔の真空管みたいにフィラメントが光るのだと思っており、最初に150オームを介してフィラメント端子に3.3Vを供給しましたが全く光らずにあせりました。

その後試してみたところ、グリッドとアノードの配線をちゃんとして、グリッドのバイアス電圧も与えると光ることわかりました。
実際にラジオを受信できるようになってから見ていたら音の大きさで光り方が変わっているようです。
そういうものなのか、調整が不十分なので不安定なのか、わかりません。
とりあえず聞こえているし、面白いのでよしと思っています。

動作を動画にしてみました。


動画では音がよろしくないですが、これはセラミックイヤホンを無理にカメラのマイクに寄せて録音したためです。
普通にイヤホンで聞くとかなり音質はよいと思います。

それではまたです。
2016.11.24 Thu l 未分類 l コメント (2) l top

コメント

No title
ezekiel1様。こんにちは。
レスが遅れまして申し訳ありませんでした。ちょっと落ち着いたと思っていたところ。年末までの急ぎ作業がいくつかはいりまして。。。

真空管に関するご解説ありがとうございました。

ヒータ電圧ですが、ちょっと間違えると簡単にヒータが焼き切れる、という情報がありましたので、こわくて参考回路そのままとしていました。
計算して抵抗を510オームにすると9V直結でいけると出て試したところ問題なく動きましたので、今はレギュレータなしで聴いています。

発光について調べたところ、このNUTUBEはVFD蛍光表示管技術の応用だそうで、動作するとアノードに塗ってある蛍光体が光るみたいです。

VFDを真空管として動かすのに蛍光体が必要なのか、面白いから残しているのかはわかりませんが、青っぽい蛍光がなかなか良い感じです。

セラミックイヤホンでなくスピーカを鳴らしたいのですが、ヘッドホンアンプ応用例を見ると、インピーダンスが低いのでFETを使うように、となっていて、せっかく真空管なのだから半導体無しでなんとかできないかと思案中です。

2016.12.18 Sun l 見習い職人. URL l 編集
こんばんは
見習い職人さん、お久しぶりです、色々有りましたようで大変でしたね。
所でアナログ・ディスカハリーの件はお手数おかけしました、記事とは関係ない質問をして済みませんでした。
今回の製作は新型の真空管を使ったラジオですね。
平べったくて、蛍光表示管を思い出させます。
B電源は9VでA電源のヒーターは定電圧レギュレーターで3.3Vに落として使っている様ですが
レギュレーターで電圧を落として使うと言うのは
元が電池なので電池の容量的に見ると勿体ない感じがしますね。
あのう、出力の大小によってヒーターが瞬くのは初めて聞きました。
私は電池管の3A5とか3S4とかのヒーターの点灯の感じは良く知っていますが、殆ど見た眼では分かりませんが、よ~く見ると点灯しています。
真空管もヒーター6.3Vに高電圧200V以上電圧をかけて使うのが普通の様です、電池管は良く知られていますが、これでもA電源は67.5Vかけます。
しかしもっと変わり種が有ります。
最大プレート電圧が30Vでも実質12Vで動作する真空管が有ります、ヒーターは12Vです、但し電流は150mAで豆球並みに喰います。
他に幾つか有ります、12D6.12AF6.12AE6.12K5等今も売っている所が有ります。
12K5はダイナトロン特性の4極管です。
これらはカーラジオ様に開発された球だそうです。
済みません一寸おしゃべりが過ぎました。
アナログ-ディスカバリーにコイル等のバンドパス特性を測る機能が有ったらと思いお尋ねしました。

2016.11.30 Wed l ezekiel1. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。