上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前のタッチパネルを動かしてから、指タッチをあきらめるならペンにADCを付けて5線式回路にすればバッファなしでもいけるはずだな、と思っていたのですが、4線タッチ式でない単なる抵抗膜はaitendoにも置いてないし、何か身近で良いものないかな、と考えていたところ、カーボン→炭→墨汁乾かせばいけるのではないかな?と思いつきまして、

こどもパソコンichigojam向けだし、夏休み工作っぽいし。ということで暇を見て実験してみました。



 多少でも反応すればよいか程度に考えていたのですが、乾いた墨汁は案外良い抵抗範囲で(数百~1KΩ、これはAitendoのタッチパネルと似通った値です。)思ったよりはペンとして動きましたので、動画をアップしました。



 回路図は以下です。今回の物はバッファもいらず、ichigojamの機能だけで制御できます。


「スポンサードリンク」

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0620260288102702"
data-ad-slot="9773401572"
data-ad-format="auto">




ichigojamソフトは以下です。

10 CLS
20 GOSUB 100
25 IF INKEY()=32 CLS
26 LC 0,0:?"ANA-X =";A;" ANA-Y =";B;" ";
30 IF (X<0)OR(Y<0) GOTO 20
40 LC X,Y:?CHR$(1);
60 GOTO 20
100 OUT1,1:OUT2,1:OUT3,0:OUT4,0
110 X=ANA():A=X
120 IF (X<400)OR(X>800) X=-1 ELSE X=X-400:X=X*31/(800-400)
150 OUT1,1:OUT2,0:OUT3,1:OUT4,0
160 Y=ANA():B=Y
170 IF (Y<400)OR(Y>650) Y=-1 ELSE Y=Y-400:Y=Y*23/(650-400)
180 RETURN


※お使いになる場合、抵抗膜によって値が違うと思われます。このソフトを走らせると、上の方にX,Yの生ANA値が見えますので、ペンを動かしながらその値を控えておいて、120行と170行に入れれば調整できます。
120行の800、400の代りに右端、左端のXの値、170行の650,400に上端、下端のYの値をいれます。
 
簡単に原理を説明します。
下の図がX座標の読み取り時です。左の2端子に3.3V、右2端子に0Vを与えます。
こうすると右から左に向けて電圧が徐々にあがりますので、BTN端子に付けたペンを当てるとその位置の電圧によってX座標がわかります。


下の図がY座標の読み取り時です。上の説明の左右を上下に置き換えて読んでください。

 
それではまたです。




2015.08.14 Fri l ICHIGOJAM l コメント (1) l top

コメント

凄い
原理を知り、無ければ有るもので応用を効かせる凄い腕ですね
私はただ頷くだけしか出来ません。
2015.08.17 Mon l ezekiel1. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。