上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
午前中に最初の改造を行いました。
昔の8ビット自在のマイコンはキーボード一体型でした。ichigojamもキーボードに入れてしまいます。

買ってきたキーボードを開けたところです。


思った通り右上にスペースが有りますね。ここに入れてしまいましょう。

「スポンサードリンク」

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0620260288102702"
data-ad-slot="9773401572"
data-ad-format="auto">







まずは電源系から。

ぶれてしまいました。M78AR05-0.5を使って9~12Vから5Vを生成します。DCジャックが二つあるのは、後でディスプレイ電源の供給をここからとるためです。


基板が入らないためichigojamチップ回りはICソケットに配線とします。

ここの回路図は公開されているichigojam基板の回路と同じです。

ちょっと見づらいですがだいたいの配線ができたところです。


完成しました。LCD側がまだむき出しなのでとりあえずテレビで動作確認です。

実に懐かしいBASIC画面です。

午後から都内に出かけますので、LCD用ケースを見つくろうのと、USB-シリアルを買ってきてキーボードichigojamをPCにつなげるようにします。

そこまでできたらファームをアップデートしてichigojamソフト作りに参戦しようと思います。

最近のPCはパワーもメモリもストレージも強靭なのであまり工夫なしでもソフトが組めていますが、
ichigojamのおかげで30年前にメモリも性能も貧弱な8ビットマイコンで苦労したノウハウがまた役に立つと思うと妙に楽しいです。
 
それではまたです。
2015.04.04 Sat l ICHIGOJAM l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。