上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
間違って新潟に送ってしまった通販(実は秋月電子から)の荷物が届きました。
その中の一つがこれです。
DSCF5145.jpg
「ANALOG DISCOVERY アナログ万能ツール」
主な機能:
・オシロスコープ:2Ch、14Bit-ADC、100MSPS、アナログ帯域5MHz、±20V最大入力
・ファンクションジェネレータ:2Ch、100MSPS、14Bit-DAC、±5V最大出力振幅
・デジタルI/O:16Ch、100MSPS、全チャネル双方向
価格は¥33,200です。
  
「スポンサードリンク」

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0620260288102702"
data-ad-slot="9773401572"
data-ad-format="auto">




今使っているオシロが不調で表示がちらちらしてまして、そもそもSTN液晶なので見づらい、波形の写真・動画も取りにくい、ということで買い替えを考えて秋月のページを見ていて見つけたものです。
これならPC画面コピーで波形も綺麗に残るし、アナログ帯域はちょっと低いですが、趣味でやっている分には十分だし。何よりファンクションジェネレータが魅力的、で衝動買いしてしまいました。
 
早速開けてみましょう。 
DSCF5146.jpg
DSCF5147.jpg
コンパクトで良い感じです。
 
ソフトはメーカサイトに入って、
AD.png
こちらの画面右上の”DOWNLOAD”を実行するだけです。
 
AD2.png起動画面。
こちらから、まずオシロスコープを選んでみました。
AD3.png
早速出た波形。何も繋いでいないので、これはACノイズですね。
 
次にWAVEFORMGENERATORをやってみました。すみません。画面コピー忘れました。
DSCF5149.jpg
これが凄いのはオーディオアウトが付いており、可聴周波数ならイヤホンで聞くこともできます。
マウスで操作する波形エディタも付いてますので、簡単に波形を定義してそのまま出力できます。
万能ツールの名に恥じません。
 
この機能でAM~SWの変調波形を出せますので、自作ラジオの調整や性能比較に使おうかと思っていたのですが、
それだけだともったいないですね。



今日は平日で遅いのでこのくらいで。色々使い倒して記事にしたいと思います。

それではまたです。
2014.11.18 Tue l その他工作 l コメント (2) l top

コメント

No title
ezekiel様。こんにちは。
中々使えるツールだと思います。ネットでの評判を見ても上々のようです。
今日AM変調とダイオード特性実験をやってみましたが、どちらもとっても簡単にできました。
他にも色々使ってみたいと思います。

なお、ANALOGと名前が付いていますが、ロジックの方も、ロジアナ、パターン発生機能、バス解析なんかもついています。シリアルインタフェースのデバイス位なら直接制御できそうな感じです。そちらの方も使ってみたいと思います。
2014.11.24 Mon l 見習職人. URL l 編集
No title
こんばんは

わあー、何だか色々使えそうですね
アナログ回路のデバックようとして、なかなかつかえそうですね
使い方分かったら色々blogに乗せてください。
2014.11.23 Sun l ezekiel. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。