上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 バーアンテナのコイルの巻き方でどのくらいQが変わるものか、実験してみました。



 



 実験したコイルは下の写真の二つです。



Dscn1219



 どちらもΦ6mmx40mmのフェライトに同じΦ0.8mm(28芯)リッツ線を巻いて作ったものです。



 



 左の物は普通に線の間を空けずに巻いてあります。右の物は同じ材料ですが、線の間を数mm程度空けるようにして巻いてあります。


 







 右の物の作成過程が下の写真です。あまり見栄えは良くないですがこうすることで線間容量の影響が少なくなるはずです。



Dscn1208  Dscn1209



  できたもののインダクタンス測定の様子が下の写真です。インダクタンスはどちらも300uH弱、巻き数は50回前後です(インダクタンスを見ながら巻いているので正確な巻き数は分からなくなってしまいました。)



Dscn1211  Dscn1210



 久しぶりにQメータを出してきて測定してみました。左が間を空けずに巻いたもの、右が間を空けて巻いたものです。



Dscn1217  Dscn1216



 予想通り、線の間を空けた物の方がコイルQも、先鋭度Qも良い値になっています。
(写真内のQ1がコイルのQ、Q2が共振回路としての先鋭度のQの値です。)



 



 しかし、今回の物は以前測定した中で特性の良かった市販コイルPA-63R(下写真#1)の200以上というQの値には及ばないですね。



Coils  
太いリッツ線を使ったのでちょっと期待したのですが。。。。。



 



 思うにはPR-63Rはコイルの長さ方向がかなり短くなるように巻かれており、そのため同じインダクタンスを確保するための線材が短くて済み、その分直流抵抗分も小さくなってるのではないでしょうか?



 
くやしいのでまた巻き方を工夫して再挑戦したいと思います。



ということで今回は以上です。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.10.14 Thu l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/367-7e4f674f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。