上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

USBIOによる5秒スタジアム制御のハードについて解説させていただきます。



(正直言いますが、かなり確認をはしょってやっています。申し訳ありませんがご参考になさる方は自己責任でお願いいたします。)



Dscn0943 こちらが秋月電子のUSBIOです。



これを繋ぐに当たって、5秒スタジアムを分解してスイッチの電圧を見ました。



Dscn0946 Dscn0948



オフ状態で、2.477V、オン状態で0Vでした。



 



 



ここからが確認をはしょっているところですが、きっと下図左のようになっているだろうと思いまして、下図右のようにしました。



チップが黒樹脂の下でパターン追ってもわからないですし。。。。。

Usbio_2



USBIOの出力が、0-5Vでしたので、そのまま繋ぐと当然専用チップが壊れるでしょう。そこで手持ちの2SC1815でオープンンコレクタとして繋いでいます。



これでUSBIOの1,0でスイッチ端子電圧が0、2.47Vとなるのを確認しました。1,0動作がスイッチのオンオフ操作として受け付けられているようなので、まあお試し分にはよいかな、ということにしました。





次回はソフトの方を記事にしたいと思います。

 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。






2012.05.23 Wed l その他工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/315-9e931cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。