上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

これこそが本当の3Dディスプレイです。レーザーで空間に3D物体を表示しています。













下からレーザでスキャンし、レーザの経路でどうにかして何か(気体か液体?)を発光させているようです。



日本語の説明では原理について触れていませんので、英語のアナウンスを頑張って聞いてみます。



「酸素と窒素のplasmon excitation(プラズモン励起?) を起こすためレーザーをフォーカスしている。」と言っているようです。。。。なるほど。分かりません 。



このデモは水中にグリーンレーザで出しているが、レーザを強化すれば空中に出すことも、カラーにすることもできる。」とも言ってるようですね。





スターウォーズでR2D2がレイア姫の3D映像を出したりしてたあれに最も近い技術だと思います。





2006年に最初に発表したというので探してみたら、下のプレスリリースを発見しました。



http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2006/pr20060207/pr20060207.html



2006年2月7日 発表


空中に浮かび上がる3次元(3D)映像



-プラズマの発光を用いて“リアルな3次元(3D)映像”の空間描画に成功-


産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】(以下「産総研」という) 光技術研究部門【部門長 渡辺 正信】は、 慶應義塾大学【塾長 安西 祐一郎】(以下「慶應大」という)理工学部システムデザイン工学科 内山 太郎研究室、株式会社バートン【代表取締役 木村 秀尉】(以下「(株)バートン」という)と共同で、空気以外なにも存在しない空間にドットアレイからなる“リアルな3次元(3D)映像”を表示する装置の試作に成功した。





日本もまだまだやりますね。実用化に期待大です。






2012.06.11 Mon l 技術的動画 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/304-f799fe4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。