上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

結局AITENDOのLCDボードとAVRライタをネットで発注しました。



届く前にAVRの環境をインストールしておこうと思って今苦労していたところです。



 
(苦労といっても思ったより時間がかかったというだけのことですが。)





まず最初戸惑いました。というのは、



あちこちのサイトに紹介されているAVR Studioが存在しない、ということ。



 
 
 
今は以下のAtmelStudio6となっています。どうもAVR Studio5の次にAtmelStudio6となったようです。



http://www.atmel.com/Microsite/atmel_studio6/



まあこれはわかってしまえばどうということはないですが。その後のインストールに結構。。。。1時間近くかかりました。





下はインストール中に出てきたメッセージの一部です。中にはほんとにOKしていいのかなあと迷ったものがあります。



Avr Avr2

Avr3 Avr4

基本的にはOK、OKで進めて一通り終わりましたが。何を色々と入れてるんだか。










AVRってチップの特徴をみると結構良さそうに見えるのですが、こういうところで嫌がられているのかもしれないなあ、とちょっと思いました。



 
 



で、ようやくインストール終わって立ちあがったところ。



 
Avr10



でも。。。ためしにAtmega8で新規プロジェクト作ろうとしたけど、どうもC言語ではできなくて、アセンブラでしかできないような?



コンパイラも一緒と最初の説明にはあったみたいだけど。8ビットは別?



まあアセンブラで使ってもいいんですけど。 







インストールで疲れたので、続きはまたとします。




2012.06.12 Tue l AVRマイコン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/303-090840bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。