上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

7/5追記:コメントいただきまして、この記事のゴムは無関係のものとわかりました。



 この記事の内容はお恥ずかしい勘違いですので、ご参考になさらないようにお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



前の記事でこのLCDについてなんか億劫になったと書いてしまいましたが。 おそらくその理由の一つ、LCDと基板のエラストマーコネクタについてまずトライしてみました。 Dscn1014 これがそれ。



Dscn1015基板のパッドに合わせました。サイズは合っているようだから多分これで良いのでしょう。









Dscn1020LCDをぎゅっと押しつけて裏側でその足を曲げて固定します。エラストマコネクタが案外肉厚で、こうしないと固定できません。



しかしこれでほんとにいいのかなあ。。。。



基板にはそうやって止めてからはんだ付けするとしか思えないパッドがあるので、良いと思うのですが。



Dscn1021そうとう押し付けないと固定できず。



その結果、やっぱり基板がしなってるなあ。ほんとに繋がってるのかなあ?



怖いのではんだ付けは少しは動くのを確認してからとします。



Dscn1022もしかしたら何か表示ソフトが入っているか?とまではいかなくても、LCDに線くらいでないか?と淡い期待でUSBケーブルで電源を与えてみました。





特に変わりなし。まあそんなに甘くはないですね。



つまりAVRを活かしてみないことにはこの部分も確認できないようで、また億劫の虫が。。。。




2012.06.17 Sun l AVRマイコン l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
通りすがり様。大変有用な情報ありがとうございます。
たしかに、今見直したら何も挟まないでつらいちで接触するようです。
無茶して壊してしまったかもしれないです。実にそそっかしくお恥ずかしい話です。
AVRについての情報もありがとうございました。いまちょっとAVRから腰が引けていますが、いずれ動かす時に気を付けるように致します。
2012.07.05 Thu l 見習職人. URL l 編集
No title
私も数日前にマイコン付き液晶を2個買ったんですが、両方とも茶色ゴムは付属してませんでした。
06/14の記事に液晶裏の写真がありますが、そのコネクタ部分自体が導電ゴムではないかと…
端子は裏の白い板とツライチで、くぼんでる訳では無いですよね?
何も挟まず液晶をキャリーボードにパッチンとハメるだけで接触すると思います。
その茶色いゴムみたいなのは…マジでリアルにタダのゴムなのでは?
ついでに…
コレ、なんか設計が変だと思います。回路図も微妙に間違ってますね。
じつは私、この配線の罠にハマッて一つ書き込み不能しちゃいました。
AVR全般の事なんですが、PC6の扱いに気をつけて下さい。
この端子はI/Oと外部RESET端子の兼用で、出力モードに切り替えてしまうと
外部リセットを受け付けなくなり、SPIライターで書き込めなくなります。
戻すにはパラレル式のライターか「ATMEGA8リセッター」なる物が要ります。
あと、NOKIA液晶5110単品の商品ページにサンプルプログラムへのリンクが有りますが、
このサンプルは単純にポートの割り当てを変更しただけでは使えません。
書き込み用のSPI端子と並列に液晶を接続してあったなら使えたはずですが、
なぜかPC1~PC5に接続しちゃってますので、チップ内臓のSPI通信機能が使えません。
プログラム中のSPI通信部分をソフトSPIに作り変える必要があります。
2012.07.05 Thu l 通りすがり. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/297-ec8d4413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。