上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 ただいま負電源生成用の部品待ちです。その間にケース加工とデジタル部の作成を行っております。今回はケース加工の方の状況を掲載いたします。 (負電源はとりあえず乾電池で作って実験していました。)



 



  ケースは、タカチ工業の傾斜型アルミケースTS-2(下写真)という物を使うことにしました。サイズは横200mm、奥行き150mm、高さ前部35mm、後部70mmです。



Dscn0703



 以下加工の様子を順番にお見せします。




Dscn0690  穴あけ位置を紙にプリントして上面に貼り付け、この穴位置を錐でケースに移します。このプリントの元データはPCBEというフリーの基板パターン設計ソフトで作っています。画面入力の寸法と印刷時の寸法が必ず合うようにできていますし、基板用で多少使い慣れているので使っていますが、他にもっとこういうケース設計用に適したソフトがあると思います。



 



Dscn0691 錐のマーキングに従ってドリルで穴開けをします。穴径が手持ちのドリル径より大きいものはリーマーで拡げます。



 



Dscn0692 液晶用とメータ用の窓を真ん中のドリル穴からハンドニブラーでさくさくとカットしていきます。写真はだいたいできたところです。



 



Dscn0693   Dscn0697  



最後にやすりでバリを削って完成です。パネル取り付け部品を仮止めしてみました。



 





ケースはこんなところでよいかなと思っています。



あとは中身をきちんと完成させないと 。



 



写真ばかりで簡単ですが、今回は以上です。









 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.07.19 Mon l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/28-37dc8605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。