上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

最近あまり電子工作っぽくない投稿ばかりだなあ、久しぶりにマイコン関係をやろうかな、
どうせやるなら、色々なネタに使いまわせるのがいいな。
と思いまして、マルツでPIC24Fマイコンボードを買ってきました。



http://www.marutsu.co.jp/shohin_82198/



PICは16,18系は結構持っているのですが、PIC24Fにした理由は以下の通りです。



 ①3.3Vでも動く。(PIC16,PIC18は5V)つまりボタン電池で動くはず。
 ②PIC16,PIC18に比べてテーブルデータの扱いが容易。
 ③やっぱり16BITだから性能もよいでしょう。



Dscf1404箱の中身はこんな感じです。









本体、ピンヘッダ、isp用6ピンピンヘッダ、マニュアルが付いています。



ピンヘッダをはんだ付けします。



Dscf1405


ここでボタン電池でこのボードがどのくらい動かせるのかを計算してみました。



WikipediaによるとCR2032の電流容量は225mAH、最大放流電流3mAということです。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%BD%A2%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E9%9B%BB%E6%B1%A0



PIC24F64GA004のデータシート(225P Operating Current)よると、マイコンの消費電流は、1MIPS動作であればMAX1.2mA。



http://ww1.microchip.com/downloads/en/devicedoc/39881c.pdf



つまり、225/1.2=187.5であり、180時間以上もつということになります。連続でも一週間以上です。





マイコン自体は16MIPSまでの速度で動くのですが、その場合は消費電流も20mAとなりCR2032ではまかなえません。ホビー用途ですしそこまで早い必要はないから、1MIPS設定で使うことといたします。



ということで、まずはボタン電池を繋いでみます。ピンの11ピンに+、12ピンに‐を繋いだだけです。



Dscf1406



次にpickit3を繋ぎます。



Dscf1407_2


久しぶりなんでちょっと手間取りましたが、まずは無事動きました。



とりあえず今回はここまでです。


2012.10.08 Mon l PICマイコン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/273-c76bd921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。