上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

BK1088の動作、AMだけですがようやく音が出るようになりました。





内部レジスタが読み書きできるようになったので、各レジスタの初期設定を入れてみたのですが、「ボツッ」という音がするだけで、その後うんともすんとも言わないので困っていたのですが、





BK1088で検索して見つけたsorriman様のブログ記事にノウハウとサンプルソースまで公開くださってまして、ソースにあった初期値を最初に設定することで動くようになりました。誠にありがとうございました。





とりあえずAMでの動作です。回路は下のように以前アップした回路にAM用のバーアンテナ(正しくは手元にあった88番豆コイル)をつなぎました。



Radiolcd3









ソフトはまだやっつけのままですが、下の通りです。



「BK1088_AMtest.txt」をダウンロード (拡張子を.cにすればそのままPICマイコン用のMPLABで使えます。)



とりあえずAMの7局を周波数指定で巡回するようにしています。



受信状況は下の動画をご覧ください。(受信場所は練馬区です)





ニッポン放送(1242KHz)とラジオ日本(1422KHz)が入らないです。場所の問題なのかもしれませんが、周波数の高い方の2局というのが何かひっかかります。





それはそれとして、FMと短波の対応と、そろそろバラックをやめて基板化したいと思います。





それではまたです。




2013.01.05 Sat l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/250-32dc78f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。