上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

回路を基板に移しました。



Dscf1544  こんな感じです。



秋月電子のユニバーサル基板の細いのが手元にあったので、それを使っています。



回路図は下の通りです。前回までの回路にスイッチを追加しました。



PORTCが空いていたので、そこにスイッチを7個付けています。









Radiolcd3



裏側はこんな感じ。



Dscf1545 ラジオICは小さいんですけど、LCD表示と操作スイッチのためにかなりの配線量になってしまいました。



ついでに、AM用のコイルも、もう少し良いものに変えました。そのためか、電波状態のためか、ニッポン放送とラジオ日本もきこえるようになりましたが、かなり弱いです。



やっぱり上の方の周波数特性が良くないのでしょうか? 



これで短波も試しているのですが、短波用ループアンテナをつないでも、判別できない何かがかすかに聞こえるだけです。ラジオNIKKEI位は聞こえても良さそうなものですが、周波数を合わせても聞こえません。





周波数設定がうまくいっていないのか?そういえば短波の時ってAMコイルはこのままでもよいのでしょうか?そのあたりデータシートを見直します。





それではまたです。




2013.01.06 Sun l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/248-003c9814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。