上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

子供のころ。実家に有った大昔の雑誌で(確か暮らしの手帳・終戦記念特集)木箱とAC100V電線だけで作る「パン焼き機」の話を読んだことが有り、一度試してみたいな、と思っていたところ、100円ショップで見かけたスケッパー(ケーキ作成用のヘラみたいなもの?)がちょうど電極になるな、と思い実行してみました。



※※感電・ショートの危険が有りますので、もしも試される方がおられたら自己責任で、十分注意して行ってください※※



Dscf1677スケッパーというのはこれです。これ2個を電極として使います。



Dscf1679 Dscf1680_2
ACケーブルを剥いてスケッパーにガムテープで固定します。手で触る所はしっかりとガムテープで保護します。



 
※※必ずACコンセントを抜いた状態でやること※※



Dscf1683_4 これが、そのパン焼き機の姿です。レンジOKのタッパにお菓子用の敷紙を敷き、ACを繋いだスケッパーを両端に固定して完成です。









Dscf1676昔のは粉と砂糖だけだったということですが、簡単にできそうなホットケーキミックスを使ってみました。写真にはないですが導電性を良くするため塩少々を足しています。



出来栄えは動画をご覧ください。





味の方は?感じは蒸しパンです。思ったより熱々で焼きむらもなく普通に美味しかったです。



近頃レンジで作る蒸しケーキがありますが、あれより水っぽさがなく美味しく感じました。 
ただし、塩を適当に入れたためちょっとしょっぱめではありましたが。





それではまたです。




2013.02.10 Sun l 100円ショップ工作 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは。今回電流は測っていません。焼け具合と電流の相関を採ってみると面白いかもしれませんね。
特に調整箇所もないのに焦げる様子は有りませんでしたので、うまいことフィードバックがかかっているのだと思います。物のない時代に最初に考えてやってみた人は偉大ですね。
なおスカッパーはスケッパーに直しました。(^^;
2013.02.11 Mon l 見習職人. URL l 編集
No title
この方法は、パンが焼けるに従い水分が減って電気抵抗が高くなり、コゲずにうまく焼けるということを聞いたことがあります。
流れる電流は測ってみました?
ところで、"スケッパー"では?
2013.02.11 Mon l 通りすがり. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/236-797263df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。