上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

以前作った3D LEDディスプレイの絡みで、LEDの配線を少なくする方法ってないかなあ、と考えておりまして、思いついた回路を実験してみました。





どういうものかはまた動画をご覧ください。











回路図は下の通りです。



Manyleds



5ビットのIOですから、情報量からするとデコーダICを使えば最大32個まで制御できますが、



 
この回路はそういう外付けIC等無しでIOの少ないCPUとソフトだけでできるのが特徴です。  
 





ソフトは以下の通りです。今回はPIC用のHI-TECHCで作ってみました。



「MANYLED.C」をダウンロード





回路的には一度に1個の点灯用ですが、組合せによっては複数もオンできます。(抵抗をケチっているので明るさは落ちますが。)動画の最後で交互表示しているのがそれです。





とはいえ1個ずつオンにしてダイナミック駆動で複数を点けて見せるのが本当ですね。



そのうちソフトを直して対応しようと思います。





それではまたです。




2013.03.17 Sun l その他工作 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
通りすがり様。こんにちは。ご指摘ありがとうございました。
Charlieplexingで検索してみたらまさにそのとおりでした。
3bitで6個のLEDというのまであるのですね。
思いついた当初もしかして世界初か?とか思っていたのですが、お恥ずかしい限りです。
2013.03.20 Wed l 見習職人. URL l 編集
No title
確か、Charlieplexingとか言った
2013.03.17 Sun l 通りすがり. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/225-5f902099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。