上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今日からRDA5807-Mの設定ソフトを作成中です。インタフェースはI2Cなので、以前作ったBK-1088用のソースを流用して試しているのですが、RDA5807に乗っている石は結構くせがあるようで難航しています。





くせというのは、今のところわかったのが以下のような点です。



①I2CプロトコルにデバイスID(0010000b)はあるが、内部レジスタインデックスはない。



  このため、目的のレジスタにアクセスするためには、先頭からそのレジスタまでの



  全てのレジスタにアクセスしないといけない。



②先頭のレジスタ番号はライト時には0x02、リード時には0x0Aである。



  それより前のレジスタにアクセスするには、一度最後のレジスタまでアクセスして、



  折り返す必要がある。






Aitendoのページに有る参考コードによると、チップIDをリードしてそのIDに有った



  設定を行う必要があるらしい。コードによるとIDは0x5801~0x5804の4通りが



  あるらしい。なお、今試しているモジュールのIDを読みだしたところ、0x58040x5802でしたので、今回はこれに決め打ちでソフトを作ります。



Dscf1972 文章だけではさびしいので確認中の様子を写真に撮りました。





とにかく、なんとかレジスタ読み書きができるようになりましたので、これから設定に入ります。





それではまたです。


2013.04.28 Sun l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/217-f882c36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。