上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

全モジュールの配線まで行いました。


Dscf2845


回路図は以下の通りです。


Encoder_lcd4_2


「スポンサードリンク」

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0620260288102702"
data-ad-slot="9773401572"
data-ad-format="auto">


M6955の接続はどうしようかなあ、と考えた末、PICKIT3用のコネクタと兼ねてしまいました。


こうすると、書き込みの時に差し替えになって少し面倒ですが、その代わりコネクタがひとつ減り、PICの空きピンが増えて将来の拡張に回せます。



音量用のボリュームについても少し悩みました。レジスタ制御でできるようだし、それもロータリースイッチ操作にしてしまうとユーザインタフェースの一元化ができてかっこいいかなあ、と思ったためです。


しかし実際の操作を考えてみると、うるさいからボリュームを絞るような場合は即応性が必要で、そこでロータリースイッチを押してモードを変えてから回す、というのはいかにも不便そうなので結局普通にボリュームを付けることにしました。


電源を入れてみましたが、ソフトがまだなので当然何の音も出ません。


次はFMかAMで何か聞こえるところまで持っていきたいと思います。



それではまたです。




2014.02.02 Sun l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/150-b01bc928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。