上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

金曜日から出張に出ていたところ雪に見舞われまして、いろいろあって今日の午後からやっと少し作業できるようになりました。



まずは、箱に入れることにしました。むき出しのままだとデバッグ効率が悪いし、操作性の確認は箱に入れた状態でないとわからないだろうと考えまして。



Dscf2856  Dscf2857



どうもボリュームとロータリースイッチの位置が良くないです。これは、基板にロータリースイッチを固定にしたため、内部で基板を置ける場所によって位置が制限されてしまうためです。


「スポンサードリンク」

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0620260288102702"
data-ad-slot="9773401572"
data-ad-format="auto">


取り付けが簡単になると思って基板固定にしたのが失敗でした。


使えないことはないので、このまま進めます。



左下のスピーカー穴は、最初放射状に小穴を開けようとしていたのですが、どうも綺麗にならなかったので、しょうがないから中華製ラジオキットのパーツを切って貼り付けました。


中華製ラジオパーツはAitendoの福袋に入っていたのですが、作っていないものです。


このあとようやくソフト改良に入ります。



 



それではまたです。






2014.02.09 Sun l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/148-c3cbd841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。