上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 先日作ったあの楽器Miniがまあまあうまく動きましたので、欲を出してカラ―のミッドレンジ版を検討中です。
 



 正直どこまでできるか分かりません。途中でやめちゃうかもしれません 。しかしやったことまでは記事にしていきたいと思います。



  
 とりあえず入手できそうなカラ―液晶と使えそうなPICマイコンから現状考えている構成は以下のようなものです。



Ano_mdl


 表示処理の負荷が大きいので、2CPU構成にして、サウンドはサブCPU担当としました。ほんとは音源LSIでも使いたい所なのですが、探してみたけど中々売ってないみたいですね。
 



 メインCPUは必要なIO数とFLASHサイズから選定しています。表示を速くするため図形描画を演算でなく座標テーブルで行う予定ですので、特にFLASHはたくさん必要です。
 
 
 PIC以外にもっと良いマイコンもありそうですが、開発環境を用意するのとアーキテクチャを勉強しなおすのがいやで、そこはPIC有りきにしてしまいました。
 



順番が逆になりましたが、仕様はだいたい以下のようなものを考えています。 



 



①手動演奏と自動演奏が可能



②手動演奏の仕様は以下の通り
  ・タッチセンサ等で1オクターブ分の鍵盤を画面上に構成
  ・別の入力手段でオクターブを上下±1にシフト可能
  ・2乃至3和音の同時入力が可能
  ・画面表示はあの楽器風の図形表示と鍵盤風の表示が可能



③自動演奏は以下の通り
  ・2乃至3和音でInocennceを演奏
  ・演奏に合わせてあの楽器風の図形を画面表示



④その他の機能
  ・初期画面に初音ミクの静止画を表示
  ・初期画面で②、③を選択可能



⑤サイズは液晶に合わせて適当に決めるが、可能な限りあの楽器のイメージに近づける。



 
   
ブロック図にしてみるとハードはそれほどでもなさそうですが、ファームが相当大変そうなので、挫折の可能性大です。その場合は謝って中断いたします 。



 
 そうでなくても少し長期になりそうですので、またとびとびになって横道をやると思います。それについてもあらかじめ謝っておきます。どうもすみません。
 
  
 今週用事で上京しますので、秋葉原にも寄って部品を見つくろってきます。(ついでにリッツ線の太いのでも買えるとよいかな、と思っています。)



 また数日更新とコメントへのレスが滞ると思いますが、どうかご容赦ください。



  



ということで以上です。





 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.08.18 Wed l あの楽器 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/14-95b21de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。