上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 ちょっと思い立ってゲルマラジオで短波を受けようと実験中です。回路は下のように中波のもののコイルを切り替えられるようにしてみました。回路図ではコイルが2つあるように見えますが、実際は一本のコイルで、短波用にタップを出したものです。



Two_band_germa (図をクリックすると大きな図が開きます。)



 やっぱり中波と違ってアンテナが相当しっかりしていないと感度がでないようです。電灯線アンテナ程度では、短波に切り替えると微かに聞えたり聞えなかったりです。特に日中は全然聞えません。



 そこで持ち出したのが短波用アクティブアンテナです。CQ出版社殿から「受信用ループアンテナの実験」という基板付き書籍で販売されています。




少し前から使わせていただいてますが、これは非常に強力です。



 どのくらい強力かというと、今回試しに短波モードのゲルマラジオを繋いだところ、早速何カ国かの短波放送がガンガン受信できる。ラジオのバリコンを回しても何ら変わりなく受信できる。ふとみたらバリコンの配線が切れてるのに変わりなく受信できてる(^^; というものです。



  ためしに、ダイオードとイヤホンだけ繋いだところ、むしろそのほうが良く聞こえる。選局はアンテナの方のチューニングVRでばっちり。と分かりました。



Loopantradio  一応回路図です。(図をクリックすると大きな図が開きます。)



※ご注意:こういうことをしてもどこにも何ら問題はないと思いますが、一応想定外の使い方なので、実験なさる場合はあくまで自己責任でお願いいたします。







 確かに、このループアンテナには同調回路とプリアンプが入っているわけだから、検波回路を付ければ高一ラジオになるわけで、当り前ではあります。ありますが、実際にこれで感度良い短波ラジオになっているのを見て感心して記事にしてしまいました。



しかし改めてループアンテナの威力に驚きました。



以上です。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.03.29 Mon l 本と雑誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/103-a5357118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。