上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

2010年4月3日訂正: 実際にご自分でプッシャーゲームをお作りの方々のBLOGをいくつか拝見していて、
               6速ギア等もっとギア比の良い物をお使いと知りました。価格もそちらが安いです。

               良く知りもしない分野で誤った情報を「打って付け」、「お勧め」いった不遜な表現で
               発信してしまったことを反省し、それら表現を含むタイトル(自作プッシャーゲームに
               良いギアボックス)を(甥のプッシャーゲーム自作に対応)と修正し、本文中の該当行を
               取消しとさせていただきます。



番外で、プッシャーゲーム自作に打って付け(と思う)ギアボックスの紹介です。  



  話の元は私ではなくて東京在住の中学生の甥の工作です。昨年末頃、彼が遊びに来た際に「プッシャーゲームの作り方を教えてくれ。」と言ってきました。少し聞いてみて、どうやらメダル落としゲームのことらしいと分かりました。(あれもゲーセンで随分華やかに進化したとは知ってましたが名前まで変わっているとは思いませんでした。)



  



 しかも、”プッシャーゲーム自作”で検索すると3万件近くヒットし、Youtubeに動画も結構上がっていると、そのとき知りました。流行ってるんですかね。ああいうのを自分で作ろうという考えは私の子供時分にはなかったと思います。



 



 ともあれ、DSだかWiiだかで遊んでばかりだった甥が何か自分で作ろう、というのは大いに歓迎すべきことです。早速ちらしの裏(文字通り)に以下のような絵を描いて、適当なモータとギヤボックスをあげました。



Pushergame  






その後しばらくして、「一応できたがなんか動きが速すぎる、なんとかしてくれ。」と言ってきました。正直普通の模型用のギヤだったんでそうなるな、と思ってはいたのですが、すんなりできても達成感がないだろうし、ということで黙っていたところです。



 



 偉そうに「それはギア比が十分じゃないのだな。もっとギアを組み合わせるか、ギア比の高いギアボックスを使うのだ。」とか言っておいて、こそこそと検索して見つけたのがタミヤの「遊星ギア」です。



 >詳細はここを見てください。(タミヤさんのページにリンクします。)



 ギア比が組合せで変えられて、400:1にすれば1分間に24回転、つまり毎秒0.5回転以下にまでなります。その時のトルクも相当なものでしょう。早速ネット購入して甥の家に届くようにしました。



 その後またしばらくして、「うまくいった!」という報告がありました。実物はまだ見ていないのですが、私の兄(つまり甥の親)からギヤ部分の写真と動画を見せてもらいました。



Pushergame  ←わかりずらいけど、黄色いのがモータ、灰色がギヤボックスです。



動画を見たら確かにそれっぽく動いていました。なんとか面目も保てたようです。(^^)



プッシャーゲーム作りたい人にはこの遊星ギヤはお勧めだと思います。



 



それでは以上。



 





 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.03.30 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/101-eb7bfa95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。