上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 その後サウンド機能の方も大体動きましたので、実装の方を真面目に検討してみました。
 (サウンド用のファームもいずれ整理して公開します。)



 
 やっぱりユニバーサル基板とジャンパではとても無理で、基板を作る必要があります。



 



 回路量的にはネットプリント基板屋さんのP板.comあたりに2層基板で出せばすぐできそうです。試しにWEBの自動見積もりをかけたら製造費用が2~3万円、製造日数が3~5日ということです。
 



 個人発注でまともなプリント基板が数万円&数日でできるのはかなり驚きですが、さすがにそこまでお金を出すつもりはありません。



 サンハヤトの感光基板で一生懸命作ることにして、それでできるように配置案と回路見直しを行いました。さっくりした基板の取り付けと配置案が下の図です。



Pcb


 私は感光基板は片面のものしか作れませんので、片面だけでできるだけパターンが引けるように、PICのピンアサインも全面的に見直しました。



 



 また、リフレクタセンサを基板の上側と下側に並べて、基板の部品面からみて裏側の方からセンサをLCDの表側に伸ばすように想定しています。(センサと基板でLCDを挟むようになります。)



 



修正した回路図が以下の物です。



(PNGデータはこちら「ANO_MID_V21.PNG」をダウンロード



Ano_mid_v21_2 
 配線優先なので、IOポートの割り当てはかなりばらばらになっています。これはファームで吸収することになります。



 



 また、センサの方は電圧観点からも見直しました。



 



 メインCPUのPICは、IOポートのHレベル入力電圧規定がVDD(3.3V)までのものと、5.5V耐性を持ったものとがあります。





 センサの入力は全て5.5V耐性を持ったポートにし、これによって電圧制限用に付けていたツェナーダイオードを削除しました。



 



  なお、電源の方ではバッテリ駆動をあきらめています。。。。理由はLCDのバックライトLEDがVf=6.5V、If=15mAというものでして。。。これはボタン電池位ではどうしようもない、ということでギブアップしました。



 



 あとは、オーディアアンプもMC34119では音量がいまいちだったので、LM386に変えて、9V駆動にしてしまいました。(ボタン電池で3.3V単一を考えてMC34119にしていましたが、その必要もなくなったものですから。。。)



 



 配線密度からみて感光基板で作るのはかなり大変そうですが、なんとかやってみようと思います。



  
 今週また用事でちょっとでかけますので、取りかかりは日曜日からの予定です。不在中コメントへのレスが遅れましたら申し訳ありません。



 
それでは今回は以上です。









 





にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子<br /><br />工<br /><br />作へ
にほんブログ村 ←記事が面白かったらクリックしてやってください。





2010.08.25 Wed l あの楽器 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://diyelec.blog.fc2.com/tb.php/10-79f67c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。