上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週末錦糸町の方に出かけた際に駅前のビルのダイソーで見つけたものです。


ちょっといじってみたところ、音階は1オクターブ(半音無し)。鍵盤の黒い所は無効です。
音はビープ音よりはかなりましな音と分かりました。なお和音はなしです。

開けてみたところ。


細長い基板で中央に1チップがあります。
基板のパターンで電極が形成されていて、鍵盤を押すとそこに導電ゴムを押し当てる構造になっています。
この辺は小型の電卓と同じですね。

当然改造しようと思いますが、どうしたものか検討中です。

基板のチップの所だけ切り出して、周辺のハンダレジストを剥離すれば1cm位の音源基板になりますね。
しかしそこから先のアイディアがちょっと浮かびません。

何か小さな楽器アクセサリでもあればそれに入れようかと思いますが、ちょっと良いのがないし。

なんとか楽譜パターンの媒体を工夫して電子オルゴールにならないかな、と考え中です。
良い方法が浮かんだらトライしてみます。

スポンサーサイト
2016.04.12 Tue l 未分類 l コメント (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。