上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
かなり以前にYOUTUBEに動画をアップした100円アンプをラジオにする動画が結構なアクセスになっていますので、その続編を作ってみました。



今回は100円アンプではなく、100円ブザーを使ってみました。

このブザーは以下の回路図のように、ブザー音発声ICの出力をトランジスタとコイルで増幅して圧電ブザーをならす仕組みになっています。



これは同調回路とDCカットコンデンサ、バイアス抵抗を付ければ1石トランジスタ検波ラジオにできる、と考えまして、やってみたのが今回の回路です。



メイキングは動画でごらんください。


以下は今回手作りした部品の特性です。

コイルは30回巻きで425uHでした。スパイダーコイルもどきで線間容量を小さくしています。Qは測定していません。


バリコンは最大で200pF位です。


今回一番苦労したバイアス抵抗。ブザー基板に鉛筆で線を書いて抵抗にしています。
IMGA0648_1


普通の1石トランジスタ検波ラジオだと数百K~1MΩ位が良いのですが、鉛筆で線を引いた値では200KΩ弱でした。
このあと動かして音を聞きながら消して書いてをして調整しています。


アルミテープを巻いて作ったデカップリングコンデンサは0.011uFでした。もっと大きい方が良かったと思います。




何か音がすれば良い、そのかわり、100円ショップで買える物だけ使い、ハンダ付けもなし、という縛りでやっています。
動画はすんなり鳴っているように見えますが、実際は何度もやりなおして調整し直してようやく動いています。
このまま同じことをされるのはお勧めしません。

あまり意味のない100均縛りをなくして、抵抗やコンデンサ位は電子部品を使えば、かなりましになると思います。

それではまたです。
スポンサーサイト
2016.03.27 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
今日ダイソーに行った際に、レジのところで毛玉取りを見つけました。

この毛玉取りはネットでの評判が上々で、ポンプ(!)への改造動画なども見られるので、そのうち何かしようと思っていたものです。



あまり考えなしに磁石をつけて、何か動かそうと思って色々実験したところ、偶然渦巻きがだせるようになりましたので、動画にして見ました。

下はとりあえず100円ネオジム磁石を付けてみたところ。




動画のアイコンに使っている写真です。
位置調整では水の入ったケースを少しずつ毛玉取りに寄せていくと、最初暴れていた小磁石が、あるところで同じ場所で回転するようになり、やがて渦巻きが発生縞ので、そのままそっと台に置きます。
「スポンサードリンク」

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0620260288102702"
data-ad-slot="9773401572"
data-ad-format="auto">



いちど安定して渦巻きが発生するとかなり長時間安定します。ただし電池が新品の場合は中々安定に至らないようですので、間に何か挟むとかして調整がいるかもしれません。



この毛玉取りは中々使いでが有りそうなので、他の応用も考えてみたいと思います。
2016.03.06 Sun l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。