上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 珍しく料理の話題です。



 



 今年は例年より春の到来が一ヶ月くらい遅い感じでしたが、ようやく山菜が採れるようになってきました。(私は現在新潟の海の方に住んでいますので、関東圏等に比べて寒さもひとしお、春の訪れも遅いです。)



 



 近所の山にいって採ってきた物を2,3お見せします。



Spring3  まずは「木の芽」。(うちの田舎ではアケビの若芽のことをこう呼びます。)



 あくを抜いて茹でてから卵黄を乗せてあります。これに醤油をかけて、卵黄と混ぜて食べます。



シャキシャキした歯触りと微妙な苦みが美味しい一品です。








スポンサーサイト
2010.04.30 Fri l 食・レシピ l コメント (4) トラックバック (0) l top

 先日100円茶筒でバリコン自作のラジオを作りました。そのための茶筒を100円ショップで買った際に、これもひょっとしたらバリコン自作に使えるかもな、と思った物がありました。それが下の「ごますり器」です。



Goma1  ← なかなかユニークな形状です。これの回転部分(ごまをすり潰すところ)をバリコンにしてしまおう、という計画です 。



 




2010.04.30 Fri l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 本記事内のディップメータ回路はこの書籍123ページからの内容を元にしています。





 先日作成したディップメータ、以下2点改修しました。



   ①配線やりなおしにより発振周波数が低い(~20MHz)のを向上。



   ②音声入力を追加。





以下が改修後の写真です。



Gdm3_1  ついでにダイアル読み取り用のワイヤも追加しました。











2010.04.29 Thu l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 ミュー同調の次はバリコンを自作したラジオを作ってみようと思い立ちまして、100円ショップで使えそうなものを物色してきました。



 



 見つけたものの一つが小型の茶筒です。直径62mm x 高さ85mm、片手で持てるサイズですし、プラスチックなので回路にも支障がありません。



 今回はこれの蓋の部分をバリコンにしてみました。出来たものの動作を動画で撮ったので先にお見せします。







蓋のすり合わせ部分がバリコンになっているのが分かると思います。




 



 


2010.04.28 Wed l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 



   といっても実際はテスターの話です。秋葉原の秋月電子通商さんでポケット・デジタルマルチメータ、P-10P-16いうのを販売してます。





 これが低価格のポケットテスタとしては珍しく、周波数カウンタを持っています。測定周波数と価格は以下の通りです。



  P-10 : 測定周波数 10Hz~10MHz (価格¥1,000)



  P-16 : 測定周波数 6000Hz~60MHz (価格¥2,100)



 



この価格ですと周波数カウンタとしてのみ使っても良いかな、という気がします。



Fc1  ← これがそのテスタ、P-16の方です。



 




2010.04.27 Tue l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

 ゲルマラジオ出力の直流分を電源として取出し、それでゲルマニウムトランジスタによる増幅回路を動かしているという例をいくつかのホームページで見かけます。前回の大型ゲルマラジオでそれが可能かどうか予備実験を行ってみました。



 



 まず、セラミックイヤホンを繋いだ状態で感度が一番強い局にバリコンを調整し、そのときの電圧を測ってみます。



Big3_1  結果、0.821V。まずまずの値です。



 






2010.04.26 Mon l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

 今回ご紹介するのは、一年くらい前に作った大型(80x160cm)のゲルマラジオです。ループアンテナで、とにかく大きくすれば感度が上がるだろうということで作ってみたものです。



 今年の頭に引っ越しした際にたたんでしまってあったのですが、今日荷物整理を行ったついでに久しぶりに引っ張り出してみました。



B_germa1  ← これがそのゲルマラジオ、わかりにくいですが、開き戸を囲むような形の四角いのがループアンテナです。左下にバリコンと検波回路を入れたBOXとスピーカがあります。




2010.04.25 Sun l ラジオ l コメント (0) トラックバック (0) l top

 前回の実験の後に、「そういえばスティックのりのケース、あれは糊の出入れ機構がそのまんまミュー同調に使えるんじゃないかな?」という考えが浮かび、早速試してみることにしました。



U2_1  早速100円ショップで買ってきたのがこれです。2本セットで100円でした。



 




2010.04.24 Sat l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 最近100円ショップに行くと、つい何か電子工作に使えるものがないか、という目で商品をみてしまいます。今回目に止まったのが、下のアロマオイルというもの。。。のケースです。



 並四コイルを思わせる形状と大きさ、しかもスライド機構付き、ということで、これにコイルを巻いて、ミュー同調方式(※コイルへの磁気コアの抜差しで同調周波数を調整する方式)のラジオを作ってやることにしました。



U_1  U_2



左がそのアロマオイル、ケース外形はΦ35mm x 長さ70mmほどです。



右が開けたところ、本体(アロマオイルの小瓶)は使いません。




2010.04.23 Fri l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 FMゲルマラジオ、先日のブレッドボードでの実験で動作が確認できましたので、基板に組んでケースに入れることにしました。



Fmgerma3_2  ← これがケースにいれた姿。ケースは100円ショップの缶ペンケースです 。




2010.04.22 Thu l 100円ショップ工作 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。